老齢厚生年金のしくみ

給付の3本柱の一つ、老齢厚生年金についてですが、まず2系統あることを知っておいてください。

老齢厚生年金は、本来65歳から支給されます。

しかし、一定の要件を満たすとそれ以前から支給されます。

前者を「本来の老齢厚生年金」、後者を「特別支給の老齢厚生年金」といいます。

本来の老齢厚生年金は、

  • 被保険者期間が1月以上
  • 国民年金の老齢基礎年金の受給資格を満たしていること

この2つが揃えば支給されます。

特別支給の老齢厚生年金を受給するには、

  • 被保険者期間が1年以上
  • 国民年金の老齢基礎年金の受給資格を満たしていること
  • 昭和36年4月1日以前に生まれた人(女性・船員などは昭和41年4月1日以前)

という3つの要件がつきます。

つまり、じいさん、ばあさん(!)ほど特別支給が早くはじまるので、年金の受給スタートが早いということです。

具体的に言うと、3つの要件を満たした昭和16年生まれの人は60歳から支給がスタートされます。

そのあと、昭和36年までの20年間に生まれた人までは何らかの特別支給があるというわけです。

なんだか、不公平な気がしますが、老齢厚生年金は働いていた時の報酬額をベースに支給額が決まるので、昭和の賃金事情と現在の物価を考えると、特別支給は妥当なのかもしれませんね。

このページの先頭へ