遺族厚生年金

国民年金の遺族基礎年金同様、遺族に支払われる年金ですが、厚生年金の場合は、死亡時の要件により、2つに分けて考えられています。

短期要件

  • 被保険者が死亡した場合
  • 被保険者時に初診日がある傷病により、当該初診日から5年が経過する前に死亡した場合
  • 障害等級1級または2級の障害厚生年金受給者が死亡した場合

長期要件

  • 老齢厚生年金の受給権者、または受給資格期間を満たしている者が死亡した場合

どちらでも、初診日の前々月まで国民年金の被保険者期間があるときは、保険料納付済期間+免除期間が全体の3分の2以上であることが必要です。

年金を受けることができるのは、死亡者の配偶者・子・父母・孫または祖父母であり、その生計を維持されていたものとされます。
(夫・父母・祖父母については55歳以上など要件あり)

年金額は、基本的には報酬比例部分の額の4分の3で、短期要件に該当する場合は最低保障があるなど、その扱いが変わります。

また、短期要件・長期要件両方に該当する時は、いずれか年金額が高くなるほうの要件を選択することができます。

また、寡婦加算、つまり子のない配偶者への加算が遺族厚生年金にあるなど、国民年金でいうところの寡婦年金がない分、遺族基礎年金よりも手厚いものとなっています。

このページの先頭へ