障害基礎年金

障害基礎年金が支給されるためには、傷病にかかり、これについてはじめて医師の診断を受けた日(初診日)に次のいずれかに該当する必要があります。

  • 被保険者である(年金を納付中)
  • 被保険者であったもので、住所が日本国内でかつ60歳以上65歳未満であること

です。

そして、「初診日から1年6月経過した日」において、(それ以前に症状が固定した場合も含む)「障害等級1級・2級に該当する状態」であることが要件です。
精神障害も含みます。

当然ですが、障害の程度が該当しなくなった場合は、支給停止になります。

また、障害基礎年金を受けるには、保険料納付済期間+免除期間が全体の3分の2以上であることが必要です。

年金額は、

  • 2級が780,900円×改定率
  • 1級がその1.25倍

となっており、子供がいる場合は加算があります。

また、20歳前(国民年金加入前)に傷病にかかった場合も、福祉的な意味で障害基礎年金は支給されます。

障害基礎年金の大まかなところは以上です。

老齢基礎年金と同じく、そのほかにも細かい規則が色々ありますので、調べておくとよいと思います。

このページの先頭へ