強制加入被保険者

国民年金の被保険者の定義について説明しましょう。

被保険者とは、簡単に言えば「国民年金を払う人」のことです。

「強制加入」と「任意加入」に分かれます。

強制加入被保険者は、

  • 第1号 → 農民・自営業者等
  • 第2号 → 会社員・公務員
  • 第3号 → 会社員・公務員の妻等

の3通りあります。

もう少し詳しく見ていくと、第1号被保険者は、「国内に住所があり、20歳以上60歳未満」と規定されています。

日本国籍を持っていない自営業者の人も、ここに入ります。

第2号被保険者は、「被用者年金各法の被保険者等(厚生年金を払っている人)で、老齢年金の受給権(年金をもらう権利)を持つ65歳以上でないこと」とあります。

高校を出てすぐ働いている20歳未満のサラリーマンや、海外に赴任して、日本に住所がない人も含まれます。

第3号被保険者は、「20歳以上60歳未満の第2号被保険者(サラリーマン・公務員)の配偶者で、主として第2号被保険者の収入により生計を維持していること」とあります。

海外に居住していたり、厚生年金をもらえる権利を持っていても第3号被保険者になることもある、ということですね。

ややこしいですね!

でも、自分がどれにあてはまるか、きちんと確認しておきましょう。

このページの先頭へ