国民年金と厚生年金

というわけで、国民年金というものは「すべての国民」を対象としているものですが、厚生年金というのは、もともと工場の労働者のために作られた経緯があるので、「会社で雇用されている職員」を対象とするものです。
(公務員については「共済年金」といいます)

いずれも、保険者(管理主体)は政府ですので、給付(もらえる)はかなり似通っています。

大きくいいますと3つです。

  • 老齢給付(老人になったらもらえる)
  • 障害給付(傷病で仕事ができなくなったらもらえる)
  • 死亡給付(遺族がもらえる)

このように、被保険者である国民全員の生活をバックアップするのが年金といえるでしょう。

さて、ここで

「じゃあ、会社で雇用されているサラリーマンは国民年金と厚生年金2度払いでもったいないじゃん」

という疑問が湧いてくるわけですが、「拠出金」と言って、厚生年金の中に国民年金分がそもそも入っており、まとめて国民年金の財源に組み込まれるシステムなので、サラリーマンの人は厚生年金だけ払えばよい仕組みになっています。

それにより、「厚生年金の被保険者」であると同時に「国民年金の被保険者」となるわけです。

このページの先頭へ