死亡一時金と脱退一時金

年金ではありませんが、一回だけ支給される一時金も、2種類あります。

まず「死亡一時金」です。

第1号被保険者のまま亡くなり、かつ、36月以上保険料を納付した人に対して、原則「遺族基礎年金が支払われない場合」に遺族に対して支給されます。

寡婦年金の要件を満たす場合は選択できます。

但し、受け取ることができるのは配偶者・子・父母・孫・祖父母、または兄弟姉妹までに限定されます。

額は、死亡者の納付済期間により、120,000~320,000円の間とされます。

また「脱退一時金」ですが、日本国籍を持たない自営業者が、老齢基礎年金の受給資格を満たさずに、国に帰ってしまう場合に支給されるものです。

額は45,120円~270,720円で、納付済期間が6月以上から支給されます。

この脱退一時金は、短期滞在外国人用に掛け捨てを防止する意味で新たに導入された仕組みです。

なので、日本国籍を持っている人への適用はありません。

このページの先頭へ